我が家の良いところと気になるところ

建売住宅や注文住宅などで家を買うのは大変な買い物ですが、今この家に住んで良かったなと思っているところはたくさんあります。一つは、当たり前に思うかもしれませんが網戸があるところです。最近のハウスメーカーが出す商品は、標準仕様でも網戸が付いていないものもあるそうですね。海外ではないですが、高温多湿で蚊が飛ぶ日本で網戸無しでの暮らしはきついと思います。オプションであってもこれは必須でしょう。クーラーを入れるほど暑くはなかったり、空気の入れ替えをしたいなと思った時に気楽に窓が開けられるというのはありがたいものです。家を建ててから一度も破れていないですし、割とキレイなままなのでこれを当たり前と思わずにいたいです。

反対に、この家であまり良くないかなと思う部分はレンガタイルを使った外壁箇所です。一見おしゃれに見えるのですが、近づくとやはり安っぽさは否めません。厚みがあるレンガタイルだって、やっぱり下地が見えるのでそれが本物との差になってしまうのだとわかりました。イギリスの、レンガを積み立てて作った壁のイメージ通りにはいかないので、タイルはタイルだと諦めておいた方が良かったなと思いました。

家の中で言えば、最近私の部屋のドアの閉まりが悪くなってきていることが気になります。徐々に閉まらないようになっていったようで、私は他の家族の部屋のドアを閉めて初めて自分のドアの異常に気付きました。ところが、ドアの蝶番が緩んできたのではなく、どうやら床が歪んでいるようです。これはドアを外してもどうにもなりませんし、実際蝶番をしめようと思ったら既にしまっていました。一応開閉はできるのですが、これだけのために業者を呼んであのちょっと奮発したドアを変えるのはちょっと億劫です。その間部屋は使えないわけですし、面倒臭いなというのが本音です。
ともあれ、住めば都というように今の家は気に入っていますし、リラックスできる我が家なので仕事帰りには安心できます。

PR|サプリメントGetMoney内職 アルバイト生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方初値予想オーディオ工務店向け集客ノウハウマッサージのリアル口コミ.com貯蓄お家の見直ししま専科お小遣いNETJALカードSEOアクセスアップ相互リンク集家計見直しクラブ心の童話|