こだわりぬいた平屋の二世帯住宅

二世帯住宅の良さといえば、会いたいと思った時にはいつでも簡単に会えるということではないでしょうか。特に小さな子供やお年寄りが家族内にいる場合には、直ぐに会えることで安全安心な思いを持つことができます。我が家の自慢は、四世代の家族が一緒に住んでいることです。もちろん、現役世代である私の責任は大きくなりますが、子供とお年寄りが家族にいることも楽しいものです。多くの世代が一緒に暮らすことで、価値観も豊かになるのではないでしょうか。私が施工者にお願いしたのが、平屋住宅です。階段の昇り降りがないだけでも、お年寄りの負担や不満は軽減できるものです。設計を担当してくれた人には本当に感謝しています。二世帯住宅は住めば住むほどに得した気分になります。万一、家族形態に変化があったとしても、それ以降も十分に活用することができます。離れて暮らしていてはわからないことが、色々と見えてくるのも二世帯住宅です。私自身も二世帯住宅にして以降、家族の距離が縮まりました。